グルコースというのはごぞんじでしょうか。そのグルコースににアミノ基がついた糖の一種が、グルコサミンという訳です。
ペプチドグリカンという変な名前の物や糖たんぱく質として、ヒューマンの皮膚や軟骨などに含まれているのです。

最近ではグルコサミンは長らく、サプリの主成分として注目されています。
なぜならグルコサミンには軟骨を形成、すり減った軟骨を再生するという重要な働きをしてくれるからなのです。
しかし残念ながら、グルコサミンは加齢と共にその量は減っていってしまうのです。
生まれた時が100%としたら、50代や60代になると20%くらいにまで減っていると言われているのです。

どんな人であっても、年を取るにつれてグルコサミンは不足していってしまうのです。
ではグルコサミンが不足してしまった場合、どのような影響が出てくることになるのでしょう?

軟骨のすり減りによるひじや膝などの関節の痛みが一般的な症状になります。
関節の中で骨と骨との間のクッションとなっている軟骨は、曲げ伸ばしをスムーズにする役割を持っています。
その軟骨がすり減ることでクッションがなくなってしまうのですから、今までスムーズに行うことのできていた動作に支障が出てきてしまい、さらには痛みが出てしまうのです。

痛散湯
このようにグルコサミンは関節痛と密接に関わっています。
そのグルコサミンが豊富に含まれていると言えば、海老や蟹などの甲殻類の殻の成分であるキチンであることは広く知られています。
グルコサミンサプリメントに含まれるグルコサミンは主にこのキチンから抽出されています。
そして飲みやすく、なおかつ吸収されやすく製造され、手軽に効率的にグルコサミンを摂取できるようになっているのです。

さらに関節痛に対する効果を求めるのであれば、グルコサミンと共に高い保水能力をもつヒアルロン酸や、グルコサミンの摂取を助けてくれるコンドロイチンを合わせて服用してみてください。
最近ではこれらの3つの成分が同時に摂取できるようなサプリメントも発売されているようです。
興味を持たれた方は1度お試しください。